18.06.10 CS組集会(民博発表会)

カブ活動報告(佐藤)

日時:2018年6月10日(日) 9:00~15:00

場所:豊新福祉会館

参加者:スカウト9名(欠席4名)、デンリーダー3名、
      副長捕1名、隊長

内容:
one 組長次長集会(9:00~10:00)
 ・クマスカウトに期待すること、多様性を認め合うこと
 ・組集会の内容説明、進め方
 ・月の輪組旗の作成

two 組集会(10:00~12:30)
 ・「民博発表会」の作品制作
  →6/3「民博見学」で「スゲー!」と思ったものの写真を貼る
  →ものの名前、国・地域を書く
  →何に使うものか?なぜ「スゲー!」と思ったのかを書く
  →発表の仕方を練習する

three 隊集会(12:30~15:00)
 ・組対抗ゲーム「帽子神経衰弱」「お地蔵さんリレー」
  「人間知恵の輪」
 ・「民博発表会」一人ずつ発表し、全員での投票で、優秀賞を決定

目的:
 ・組のリーダーであること、組の一員であることを自覚する
 ・互いに助け合うとことを意識する
 ・自分の感じたことを、みんなに伝える
 ・発表して認められる喜びを体感する

感想:
  今期はクマスカウトが2名なので、組長次長集会は、
 シカの次長も含めて行っています。組長次長集会では
 みんなそれぞれ得意なこと、不得意なことがあり、
 それを認め合い、助け合って活動するというお話をしました。
 ただし、まだ、みんなで発表作品をまとめるというのは
 難しそうな段階だったので、今回の発表は個人単位にしました。

  隊集会のゲームは、特別なゲームがなくても(帽子だけでも)
 いろんな遊びができることを体験してもらいました。

  「民博(スゲーもの!)発表会」は、保護者に早めにお迎えに
 来ていただき、発表会の見学と投票に参加していただきました!

  ボーイスカウトでは、ハイキングやキャンプだけでなく
 こういったいろんな活動をします。得意でない活動があったりも
 しますが、お互いに認め合って活動を進めることが、
 とてもよい経験になると思います。

-----------------------------------------------------

<組長次長集会>

今日はクマスカウト1名、シカスカウト3名でした。
P6100567_2

先輩方の「月の輪組旗」を参考にして、デザインを考え中。
P6100568_2

<組集会>

ソング「全員集合」
P6107163

2組は人数少ないです。(;ω;)
P6100573

発表する写真を選んでいます。
P6107165

それぞれ、どこが「スゲー!」のかを書いています。
P6100577

P6107173

できあがったスカウトは、発表の練習をしています。
P6107176

カブ弁で昼食。
P6100584

P6107180

ロープワークの集会を欠席したウサギスカウトに、
次長が補習をしてくれています。lovely
P6100586

<隊集会>

開会セレモニー
P6107184

組対抗のゲーム

「帽子神経衰弱リレー」
帽子の山の中から、自分の帽子を探します。

「お地蔵さんリレー」
お地蔵に帽子を重ねます。

「帽子重ねリレー」
戻ってきたら、次の人に帽子を重ねます。
後の人はどんどん帽子の数が増えます。
P6107217

どのゲームでもそうですが、事前に作戦タイムをもうけると、
チームの結束も高まりますし、ゲームも盛り上がります。
P6107234

「人間知恵の輪」

どちらの組が先に発表するかを、スカウトで決めています。
「ジャンケンで決める」のは「なし」です。話し合いで決めてもらいます。
最初は時間がかかりますが、何度も繰り返すことが大切だと思います。
P6107244

発表。イラストがかわいいですね。
P6107248

彼は「民博見学」の活動日が、参観日で欠席したので、
お父さんと見学に行ってきました。すごいですねsign03
P6107262

P6107266

P6107270

保護者にも見学してもらって、投票しました。
再度、作品確認中。
P6100603

最優秀賞は、rちゃんでした! おめでとう!ウォー!ウォー!ウォー!
P6107279

| | コメント (0)

18.06.03 CSツリークライミング体験

カブ活動報告(佐藤)

日時:2014年5月31日(日) 8:30~16:30

場所:万博記念公園

参加者:スカウト11名(欠席2名)、デンリーダー0名(!)、
     保護者1名、副長1名、副長補1名、隊長
     (ビーバー隊と合同で活動)

内容:
・ツリークライミング体験 (指導:ツリークライミングクラブ・ベスト
 ハーフデイ体験会の内容を貸し切りで実施(9:30~12:00)

・午後は民俗学博物館の見学「世界のスゲー!ものを探せ!」

目的:
・普段できない体験をすることで、活動の質と幅を広げる
・ロープワークと自分の力だけで、高い木に登れることを知る

・世界には自分たちとはちがう、いろんな生活があることを知る

感想:
 「年に1回は、お金をかけて特別な!初めての!体験をしよう」
というコンセプトで年間プログラムに入れた活動です。
3年に一度の体験で、今回で3回目になります。

最近はいろんな活動がNPOで実施されています。
多少お金がかかりましたが、専門家の指導で本物の体験ができました。(^^ゞ
スカウトたちも夢中で楽しんでいましたhappy02

ほとんどのスカウトは、すぐにスイスイ登れるようになりました。
参加するまでは、不安に思っていたスカウトもいたようですが、
チャレンジして、成功体験を得たことはとてもよかったと思います。lovely

普段訓練しているロープワークが、こんなことに役立つんだ!という
気づきにもなったと思います。

午後から見学した民俗学博物館は、私が大好きな施設です。
マニアックな研究者たちが本気で集めた膨大な資料は、
見るものを圧倒します。

建物ありきの箱物ではない、本物の展示施設です!

-----------------------------------------------------

セレモニー前に、組長次長と緊急会議!

「緊急事態発生です!なんとデンリーダーが全員欠席です!
 安全が確保できなければ、今日の活動は中止しなければ
 いけまません!
 でも、君たち組長次長が組のみんなをしっかり守り、
 組のみんながまとまって行動ができれば、実施できると
 思います。組のみんなとどうするか?話し合ってください。」

結果、「みんなでまとまって、安全に行動できます」との
返答があったので、予定どおりの活動を行うことになりました。lovely good

「君たちが自分たちで決めたことです。しっかり守ってくださいsign01
P6036992

電車の中でも、なかよく行動できていました。
P6036997

今回は、ビーバー隊と合同での活動です!
ビーバースカウトと体験参加のお友達も、カブの組に入って
行動してもらいました。
P6037001

万博公園に到着。
P6037007

みんなが見上げる先には...
P6037009

大きな木に、何本ものロープがぶら下がっていますsign02
ハンモックもあります。
P6037010

ヘルメットをかぶって、ハーネスを装着。
足の部分に大きなサドルがついているのが、
ツリークライミング用の特徴です。
P6037018

木のポーズで準備体操。
P6030455

遊ばせてもらう木に挨拶。「よろしくお願いしま~す」
P6037037

登り方の説明を聞いています。
安全を守るためのルールも、しっかり覚えます。
「自分の安全は、自分で守る」ことが体験できる活動ですね。
P6030461

それぞれ、登りたいロープを選んで、ツリークライミング開始!!
P6030462

足の力で、ハシゴを登るような感じで登るのですが、
コツをつかむまでは、ちょっと苦労します。
P6037049

ハーネスの装着、ロープへの脱着などは、
すべてスタッフにやってもらいます。
P6037061

だいぶコツをつかんできて、登れるようになって来ましたheart04
P6037079

ハンモックがやはり人気です。
P6030477

木の枝に座ることもできます。
P6030480_2

ハンモックに乗るときと、降りるときはちょっと怖いです。
P6030492

P6030495

降りるときは、スタッフに「降りま~す!」と声をかけて、下ろしてもらいます。

終了後、遊ばせてもらった木の根のそばに、
お礼の栄養剤を注入しています。
P6030500

「ありがとうございました!!」
P6030501

木のポーズで記念撮影。
P6037123

最後に証明書をいただきました。
P6030503

カブ弁の昼食。
P6037126

とてもよいお天気で、気持ちよかったです。
P6030508

午後は、組ごとに分かれて、民俗学博物館の見学です。
前回の組集会で決めた地域を中心に見学し、
それぞれ、「スゲー!!」と思うものを探します。

オセアニアの「パータカ」の入り口を守る精霊と
同じ顔をしています。(^_^)v
P6030518

アフリカのおうちで、ソファーに座っているポーズ
P6037144

東南アジアの「ジープニー」の後ろに乗っています。
P6030538

休憩中。世界のいろんな椅子が置いてあります。
P6037150

「みんぱくチャイナタウン」でお祭りです!happy02
P6030539

見学の後、図書エリアで「スゲー!!」と思ったものを
用紙にまとめて記録しました。
次回の集会で発表してもらいます。
Sugemono

帰りは交通費を節約するために、西口から公園を出て、
阪急山田駅まで歩きました。
P6037156

かなり暑くなってきたので、たいへんでしたが、
みんな約束を守って、安全に歩くことができました。

閉会セレモニー。ソング「全員集合」
P6037160

交通費を節約して、自分たちで稼いだお金で、
アイスをいただきました。
P6030561

なかよしの輪で解散です!
今日もみんなで、楽しく活動できました!!
P6030565

| | コメント (0)

18.05.27 CS組集会(ロープ・救急)

カブ活動報告(佐藤)

日時:2018年5月27日(日) 8:30~12:00

場所:豊新福祉会館

参加者:スカウト9名(欠席4名)、デンリーダー2名、
      副長1名、副長捕1名、隊長

内容:
 ・ 組長次長集会(8:30~9:20)
 ・組集会の「開会セレモニー」とソングの練習
 ・ウサギ、シカのロープ結びの復習→組集会で教える
 ・6/3「民博見学」の予習

two 組集会(9:30~10:10)
 ・クマがウサギ、シカにロープ結びを指導
 ・6/3「民博見学」で、どの国・地域を調べたいか考える

three 隊集会(10:15~12:00)
 ・組対抗「ロープワーク・リレー」 
 ・救急法
  →救急セットの中身と用途を知る
  →直接圧迫止血法
  →ケガ、鼻血の手当て
  →包帯法(たたみ三角巾、膝の包帯、全巾吊り)
  →やけどの手当て
  →脈拍、体温の測り方

目的:
 ・組のリーダーであること、組の一員であることを自覚する
 ・教えることによって学ぶ
 ・手先を器用にし、役に立つ技能を身につける
 ・簡単な手当てなら、自分でできるようになる

感想:
ボーイスカウトの特徴の一つに「班制度」があります。

カブ隊の場合のプログラムの進め方は、
 (1)リーダー集会→大人がプログラムを立案
 (2)組長集会→隊長が組長に隊集会の内容を説明
 (3)組集会→隊集会に向けて、組長主導で準備
 (4)隊集会→組ごとに発表、競い合い、結果を称える

こういうステップを踏んでリーダーシップを発揮する経験を、
この年代で体験することは、大人になってすごく役立つと思います。up

学校でも「班活動」は行いますが、ボーイスカウトは「異年齢の小集団」
であることと、同じことを立場を変えて(ウサギ→シカ→クマ)
毎年、繰り返すことが特徴です。

最初は全く分からず、教えてもらうだけ、
2年目は、自分でできるようになり、
3年目は、教える立場を経験します。

今期は、年長のスカウトが少ないのですが、
みんなで、協力して成長して行きたいと思います。(^_^)v

-----------------------------------------------------

<組長次長集会>

組集会の開会セレモニーの練習
セレモニーは行動制限の訓練です。
みんなが目的と立場を理解し、行動を制限できるようになることで、
チームで効率よく、行動できるようになります。
P5276905

ロープワークの予習。
来週のツリークライミングで必要な「ひきとけ結び」を練習しています。
技能を教え合うことで、上下関係を築き、リーダーシップが
発揮できるようになります。
P5276910

同じく、来週に行う「民俗学博物館」見学の予習をしています。
これも、リーダーシップを発揮できるようにするための訓練です。
P5276915

<組集会>

組長次長集会で学んだことを実践します。
P5270427

ロープワークを指導しています。
P5276932

「行うことによって学ぶ」ことは、スカウト教育法の7つの要素の一つですが、
「(人に)教えることによって(自らが)学ぶ」ことは、とても貴重体験です。
私もいつもたくさんの学びをスカウトや保護者の皆さんから、
いただいています。(^_^)v
P5270433

「民俗学博物館」見学で、どんな国・地域を調べたいかを、
みんなで話し合っています。
P5270434

P5270435

<隊集会>

セレモニー指揮は、i上副長補。
彼もこの体験で学ぶことがたくさんあると思います。
P5276936

隊集会では、組集会で学んだことを、組対抗で競い合います。
成功してうれしいという体験も、失敗して悔しいという体験も、
どちらも貴重な体験です。

スポーツや習い事でも同じような体験はできると思いますが、
ボーイスカウトでは、いろんな活動や体験を幅広く行いますので、
お互いの得手不得手を認め合うことができるのが、
よいところだと思います。

「ロープワークリレー」
袋の中から、ロープワークの課題が書かれたカードを1枚引きます。
P5270437

課題の結びができたら、リーダーに判定してもらいます。
P5276948

どんなカードを引くか?! できるか?どうか!
みんなハラハラドキドキですhappy02

「ラッキーカード(どんな結びでもOK)」を引いたのに、
難しい「ひとえ継ぎ」にチャレンジする次長!ステキです!!

ここからは、救急法を学びます。
「人の役に立つ」ことができる人になることは、
ボーイスカウトの大きな目的であり、救急法はしっかり覚えたいですね。

体温と脈拍。
はかり方だけでなく、なぜはかるのか、どんな意味があるのか、
を理解してほしいですね。
P5276963

三角巾の使い方。
「全巾づり」の説明中。かなりの重傷のようです。coldsweats01
P5276970

お互いに試しています!
P5270443

いつものことですが、なぜか、だんだん楽しくなってきますsign03
P5270442

閉会セレモニー。
チャレンジ章の授与。hカリちゃんは、スーパーカブを目指しているようです。
P5276981

優秀賞は、ロープワークリレーで勝った1組に送られました!
「おめでとう!ウォー!ウォー!ウォー!」

「ありがとう!ウォー!ウォー!ウォー!」
P5276985

| | コメント (0)

«18.05.12 CS田植え体験